スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hellman (a.k.a 地獄男)




YouTubeでギター動画を見るのが好きな人ならばおそらく知らぬものはいないであろう、世界でもっとも有名な日本人インターネットギタリストのひとり、Hellman.

YouTubeにアップロードしているHellmanの動画の再生総数はなんと250万回を超え、2500人に届くChannel登録者、そして7つの栄誉を獲得。
http://it.youtube.com/user/jigokuotoko

Hellmanの音楽活動はインターネットのみに留まらず、2007年6月より現在までに自主レーベルより2枚のソロアルバムとcompilation CDを発売。国内だけでなく海外のファンからも高い評価を得ているほか、Hellmanが公開している数少ないカバー曲である「Canon Rock」のオリジナルアレンジャー・パフォーマーであるJerryC,
「地獄のメカニカルトレーニングシリーズ」の著者である小林信一先生からも絶賛頂いている。
ソロアルバム
http://hellman.jp/storejp.htm
Compilation CD
http://imaginat-blow.com/

またImaginat Blow GIGの代表者・発起人として主催し出演した2008年2月23日のImaginat Blow GIG 2008の成功も記憶に新しい。
Imaginat Blow GIG 2008 Memories
http://it.youtube.com/user/ImaginatBlow


Hellmanのルーツ

中学生時代にSpitzを聴いてアコースティックギターを手にし、表現者となることに目覚めたHellman。当時、ギターという楽器はコードを弾きながら歌うためのものと思っていたところに、母親が好きだったTHE YELLOW MONKEYのライブビデオを見てEMMAと出会う。

ギターのフレーズが心を揺さぶることを発見した瞬間だった。そしてアコースティックギターをエレキギターに持ち替え、高校でビジュアル系~パンク系という道をたどる。
その後Hellmanにもっとも大きな影響を与えたアーティストはポールギルバートだろう。同年代のテクニカル志向のギターキッズの多くにとって、ポールギルバートはまさしくギターヒーロー, ギターゴッドであり目標とされコピーされてきたが、Hellmanを惹きつけたのはポールのテクニカルな面以上に、Racer XやMr.Bigで展開された楽曲の素晴らしさであった。

ポールの音楽に出会ったとき「俺がやりたかったことはこれだったんだ」とはっきりと感じたという。

Hellmanの楽曲にはポールファンなら思わずニヤリとするような影響が垣間見られる。例えばミニアルバム「Change」に収録されているキャッチーなアメリカンロックスタイルの曲、Way Upturnには実は「P.R.O(Paul Rip Off)」という裏タイトルがついているのだ。

また、Hellmanのルーツはポールやイングヴェイのようなギタリストばかりではなくだれもが口ずさみたくなるようなポップな楽曲も内外問わず大好きで、自らの曲作りにおいても常にポピュラリティを意識している。

ポールギルバートと並びHellmanに強い影響を与えた音楽家として欠かしてはならないのは、FFシリーズの作曲家、植松伸夫であろう。Hellmanは優れたゲーム音楽に対して敬意を払っており、ギターで安いアレンジを施してしまうことについてはむしろ否定的である。


速弾きGuitar VirtuosoとしてのHellman

地獄シリーズの小林信一先生をして「速過ぎるよ!」と言わしめた速弾ギタリスト。

今年11月にはDEAN GUITARが主催する「速弾き世界選手権」DEAN SHREDDER SEARCH "GET YOUR WINGS"において、1100名以強者を押さえ3位に入賞、世界的なSHREDDERと認定された。
DEAN SHREDDER SERACH "GET YOUR WINGS"
http://www.deanguitars.com/shredder/viewProfile.php?id=2039

またインターネット上のギターコンテストでもっとも権威あるGuitar Idol2009に参戦、オンライン決勝戦となるFinal Online Heatへの出場が決定している。

また現在Youtubeにて自らの楽曲「地獄男より愛を込めて From Hellman With Love ~for Kids~」を題材としたギターコンテストを実施中。フォロワーたちが次々に参戦している。
ビデオコンテスト
http://hellman.jp/videocontest.htm



作曲家としてのHellman

Hellmanにとってギターテクニックや理論の習熟は自らの表現のために必須であるものの、それ自体が目的であったことはない。

常にHellmanを突き動かしているものは「音楽で表現したいという強すぎる欲求」。

Hellmanの楽曲を聴いていただけば曲中の超絶フレーズは超絶っぷりを見せつけるためのものではなく、ポールギルバートのそれのように楽曲の完成のための必然であることがわかるだろう。

Hellmanの楽曲は下記myspaceおよびCDbaby, amazon, iTunesのサンプルで試聴可能である。

マイスペース
http://www.myspace.com/jigokuotoko

1st Album -Far East Odyssey-
http://cdbaby.com/cd/hellm

Mini Album -Change-
http://cdbaby.com/cd/hellm2

iTunes
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?playListId=276381815

Amazon
http://www.amazon.com/Far-East-Odyssey/dp/B00198KRUA/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=dmusic&qid=1212767545&sr=8-2

Imaginat Blow Compilation CDのサンプルはこちら
http://jp.youtube.com/watch?v=Tr-MbuEOqg0


Hellmanのこれから

Terrani氏とのコラボレーションを皮切りに今後はさらにいろいろなミュージシャンとのプロジェクトが生まれている。YouTube Live TokyoでのJerryCとのコラボレーションは大きな感動を呼んだ。wotakufighter氏とのユニットも進行中である。

また新たなソロアルバムのリリースを3月に予定している。

さらに半永続的イベントであるImaginat Blow GIGの第三弾も既に彼のロードマップに記されつつあるようだ。

今後のHellmanの活動からますます目が離せない。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。